anneecotton*のpatternmakingmemo
パターンメーキングメモ〜袖裏の作り方

※白い線が表袖線です。

・表の内袖の袖底を2.7延長します。

・袖幅を1cmずつ水平に出します。

・袖のカーブを描いてみます。




・適当に描いたカーブなので縫い合わせたとき、
なだらかになるように線を訂正します。

・左図は前カーブを修正しました。

・後も同様にカーブを修正してください。

・注意;身頃のAH寸法に対して、裏袖のイセ分量は
0.3〜1cmくらいが適当です。
計ってみて袖幅を調整してください。

・合印は袖底側にイセが入らないように、山付近でイセ分量を適当に分散します。

 

・袖口側の上がりはステッチ線です。

・袖幅の線を袖口に向かってなだらかに引きなおし。

・このTiaraleの袖口は特殊で、袖丈のキセが入れられないので、
裏丈不足で吊れるのを防ぐために、袖丈を開いて、丈を追加します。
水平線で2cmひらきます。

・袖丈を開いたら、袖の縦の線をつながり良く引きなおして、アウトラインはできあがり。

・これに縫い代をつけます。
@袖山、袖口〜1cm
@袖の縦の線〜1.5cm

・これでできあがり。

普通の袖裏に応用したい場合。

基本的に袖山、袖幅の追加は同じです。
普通の袖口のJK、コートなどに袖裏を作る場合は
丈の切り開きは不要です。

@ 表袖口縫い代4cmの場合〜表袖口上がりより2cm上が裏地上がり線、縫い代を袖口で2cm。
@表袖口縫い代5cmの場合〜表袖口上がりより3cm上が裏地上がり線、縫い代を袖口で2cm。